人気ブログランキング |

有閑主腐えみりんがツレヅレなるままに好きなことを語ります。


by emmylinn0514
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
NHKの世界のドキュメンタリーで「内部告発」を観た。
衝撃的な内容だった。さもありなんとは言え、企業不正の規模が欧米だと規模が大き過ぎる。
これに比べると日本の食品偽装とか、嗤っちゃうくらいカワイイよ。ホントすげぇな欧米人。
背任の罪悪の深さに比べると、内部告発者たちはこれもまた日本に比べてびっくりするくらいあっけらかんとしている。堂々としてもいるし、なんかカッコいい。もちろん殺されちゃった人もたくさんいるし、証人保護プログラムを受けている人もいるんだろうけど、この人お天道さまの下歩いて大丈夫なの?この人の小さな娘さんとか学校行ってて大丈夫なの?と驚く。この違いはなんなのだろうか?
昨日、たまたま「マンガノゲンバ」を観ていて、「罪と罰」を現代日本に翻案してマンガ化している作家さんが「ソーニャの無償の愛の原動力となるキリスト教への信仰が、現代日本には無いので難しい」と言っていたの思いだし、欧米の内部告発者たちの矜恃も身の安全も、社会全体に共有されるキリスト教精神によるのだな、と思った。
日本にだって正義の内部告発者はいるのだろうが、たいていは顔を衆目にさらさないしたまにかたることがあってもなんだかモニョらされるひとが多いのも私の感想だ。なんだかモチベーションが正義や愛では無くて、行き過ぎた平等主義だったり、僻み根性だったりなのではないだろうかと言う印象を受けてしまうことが多いんだな。
そして、悪人たちの方も、悪に開き直ってしまっている人たちだからすぐに人を使って恫喝したり本人や身内を殺してしまったり。欧米の巨悪は社会に承認されて存在している人たちが多いので、あからさまにキリスト教の名の下に正義を語っている人たちに危害が加わっているのがわかると社会が許さないと言うところがあって少し手心が加わるのだろうか。
日本では、あるいは共産主義がこれに代わるものなのかもとも思ったが、社会的コンセンサスというには程遠いしな。共産主義も悪い思想では無いはずなのだが、どうも共感を持てないのはなぜなんだろうと考えて思いつく。そうか、共産主義には愛が無い。煩悩も業も無い。
やはり、宗教の代わりにはならんのかな、とぼんやりと考えた。
# by emmylinn0514 | 2008-12-17 12:19
08-19 02:33
イヤもう相変わらずのユギっしゅワールドと言うか、ユギちっくと言うか、昼下がりの公園みたいなまったりした幸セ感がたまりませんワ。
死ぬほど好き (バンブー・コミックス麗人セレクション) (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
タグ:
# by emmylinn0514 | 2008-08-19 02:33 | まんが・アニメ
光GENJI
佐藤敦啓です。
舞台をずうっとやっていて、ライヴは10年くらいぶりだったんですけど、めっちゃ好かった。
34歳のアツヒロ、ギガかわユス。
# by emmylinn0514 | 2008-01-18 23:59 | ジャニーズ
クリストファー・プリースト『奇術師』読んだ。
おもしろかった。
20世紀初頭のロンドンと現在のロンドンをつないで語られる話、SF的がジェット、幻想的設定。
これは、数少ない佐藤亜紀と同じジャンルの小説かもね、と思いながら読みました。
しかしそう思えば思うほど、佐藤亜紀の卓越した技巧に思いが寄ってしまいました。
面白かったけど、何度も読み返すような味わいは無い。
でも、おもしろかったんだけど。特にビジュアルな要素は強いので、今週から映画化されて公開されているそうですが、上手くいけば大変オモシロい映画になるでしょう。
# by emmylinn0514 | 2007-06-21 13:54 | 小説
佐藤亜紀の『ミノタウロス』を読んだ。
いつもの佐藤亜紀クオリティなのだが、ストーリーが凄絶である。
20世紀初頭を生きた主人公が、ロシア革命の伝播を受けて混乱したウクライナを流転していく様を描いている。
主人公は、普通の男である。大地主の次男だが成り上がりの家で、きちんとした教育を受けているが、高邁な理想も無い。混乱の中、家を焼かれ、銃を手にし、生きるために略奪を始める。泣き叫んで嫌がる女を強姦するのは、とんでもなく気分が悪いものだといいながら、少し気に入った女は手篭めにする。むやみやたらと殺すわけではないが、必要とあれば何人でも何十人でも殺し、良心の呵責を感じることもない。これらを主人公は一人称で淡々と語るのだが、そこに髪の毛一筋ほどの狂気も無いのが恐ろしい。(主人公の周囲にはもちろん狂気で以って人殺しを楽しんでいるものたちもいるのだが)人間と言うものは環境に投げ込まれれば、狂気も無く後悔も無くこれだけの悪行を重ねてしまうのだ。なまじ、主人公の父親の話や、成長の過程から語られ、それが時代が半世紀違うだけのほんとうに普通の男なので、なんだかとても感情移入してしまうのも、佐藤亜紀の筆力のなせる技だろう。自分がどんな環境に置かれても絶対に人殺しはしない、などとヌルい感覚は吹き飛ばされる。
読んでいる間中、『秩序も規律も持たない集団で、
ひとたび適者生存が唱えられたら、適者というのがどんな奴を意味するのか』
というグレアム(『はみだしっこ』by三原順)の言葉が、頭の中をずうっと廻っていた。
軽々しく人に薦められる本ではないが、21世紀の日本で、この毒に脳ミソをしびれさすのもよいのではないですか。

ミノタウロス
# by emmylinn0514 | 2007-06-01 12:24 | 佐藤亜紀
真夜中のアリアドネ』があまりにも気に入ったので、100年ぶり(ウソ25年くらい)で別コミ続きが載っているのなら買っちゃおうかな、と本屋に駆けて行ったら、別コミの表紙に『最終回』の文字が‥‥‥。ひゅうるり~~らら。
なんかすごいショック。久しぶりに出合ったイケメンが、脈アリ?てカンジなので「よっしゃアタックしてみっか!」と決心した途端に妻子もちだってわかったようなショックだわ。(←オーバーな>自分)てなわけでかわずに帰ってきましたが。イイ感じで終わっているといいな。(涙)
# by emmylinn0514 | 2007-05-18 11:57 | まんが・アニメ

『真夜中のアリアドネ』

真夜中のアリアドネ 4 (4) (講談社コミックスフレンド B)』(霜月かよ子著・講談社別フレコミックス)
かなりオモシロイです。
アリアドネという名前に、「これはプチフラワー級のスキーマだわ、期待期待」と思って手に取ったら、ほんとうにおもしろい。
サスペンスなストーリーに、小畑健をあっさりさせたような少女マンガにしてはかなり巧みな絵もあっているし、緊張感のある展開の中にもじんわりと笑いのテイストもあって、かなりポイント高いです。
最近は少女マンガでもこれくらい絵のかける人は珍しくなくなって来ていますが、女性の場合なぜかこれくらい絵が描ける人は、そうとう性格が悪くて、それが作品からにじみ出てしまっている人が、ほとんどなんですが、作品もキャラクターも魅力的で萌えます。
絵以外の部分、ストーリーもオモシロイし、見せ方、伏線の張り方拾い方、間合いの取り方など
基本的なまんが手法も確かです。ウェブサイトで調べたら、まだ若い人なのでびっくり。実力あるわ。今後の展開に期待!!

現在3巻まで発売中。
# by emmylinn0514 | 2007-05-17 09:11 | まんが・アニメ
NHK BSの新作アニメ『精霊の守人』の予告紹介番組に大いに興味を引かれたので
近くの図書館で借りて、1ヶ月かけて10巻全巻読破しました。大変楽しゅうございました。
うん、よかったよ。
ストーリーそのものは複雑な凝ったものではないし、だからすごくオモシロイかというと
ビミョーなんですが、そんじょそこらのラノベと格が違う。
ファンタジーかくあるべし!という創り込みです。
まず、原作者の上橋菜穂子氏が文化人類学者であられるとのこと。作中の人物の前近代の生活のリアルなこと! 常々思っていたのですが、魔法にせよ、冒険にせよ、竜も精霊も怪物も、棲んでいる架空世界がリアルでないと、こういった私たちの住む現実の世界にはいないものたちのリアリティがでないんだよね。
昨今のライトノベルの何がダメって、町から町へ旅している女の子が、髪にゆるくリボンを編みこんでいて、何の荷物も持たず、膝丈のスカートを穿いて、ぽっくりの靴履いてたりとかさ。まぁおそらく作者は、学校の遠足で高尾山登ったことくらい(つまり私と同程度)しかない経験で書いてんだよね、大して経験を膨らませもせず。
それがさー、上橋氏だと違うのよ。追っ手に追われて森の中を逃げるにしても、槍を使って戦うにしても、傷ついた苦しみや痛み、大怪我だけど、この程度では死なない。でも動けるようになるのに2週間かかる、とか。もう死にそう、傷口が腐ってきた、とか。登場人物たちの生きている感覚がすごくリアル。勉強にもなるし。
巻を重ねるごとにオモシロくなってくるので、アニメの方は1年かけて1巻の分だけしかやらないというのはちょっともったいない。監督も脚本も、原作に比べるとちょっと青いなーというカンジがするんですけどね、まぁオモシロいので観ています。どちらもお奨めです。
# by emmylinn0514 | 2007-05-07 14:06 | 小説
まんが論 あるいは 山田ユギ讃賞
そんなわけで祭りです。山田ユギ祭り。来る日も来る日も山田ユギのまんがばかり読んでいます。
馬鹿じゃねぇーの、自分!てくらい。
ファンクラブのサイトも、出版社がやっている公式のサイトもあるのだから、そっちで思う存分語りゃいいんですけれども、そこでドン引きされないためには(もうされているかも知れないが)私自分のテンションをものすごーーーく抑えないといけないので、ええ、もう。
誰か、私の気持ちをわかってくれるヒトはいないの?と思ってボーイズラブの書評や、評論サイトを巡ってみると、やはり評価は高いんだよね。はずせない、とかハズレがない、とか、すごい誉められてるんだけどカッカソウヨー。自分としても、友人にとても勧めにくいのだ。そこで、自分なりに言葉を尽くして論評してみようと思います。長くなるけど。
まずねー。常識的だっていうこと。があります。
まんがっていうのは、うそをつくための道具だと思っているんですよね。
たった1つの真実(テーマ?)を伝えるための嘘。
ボーイズラブっつーのは、大前提として『世の中にはこんな愛もあるのよ(オトコ同士だけど)』
という嘘(を読者に納得させるストーリー)があるわけじゃないですか。そのためにふたつのアプローチがあって、1つは主役カップルをとりまく周囲をその嘘が浮かないくらい嘘で固めまくると言う手。いわゆるファンタジーというヤツですね。金持ちばっかりの全寮制男子校に美少年がぞろぞろいて、その中のひとりが『姫』とか呼ばれてみんなからチヤホヤされて愛されまくっているとかゆー手合い(嫌いじゃないケド)。 もう1つは逆にリアリティーのある世界の中で、世界のどっかにこんなカップルがいるかもしれないねーと思わせるタイプ。
でも、実はどっちもそれらしさを出すためにはすごく常識(というか・・・)が必要なんです。
ところが、残念なことにボーイズの作家さんというのは、なんっっっか、言いたくないけど常識が少ない人が多いんだよねー。いや、ご本人を知りませんよ、だから、お会いしてみたら、普通のよい方である可能性もあると思いはするんですけれども、画面から、常識が感じられないんだよな。例えばおまわりさんのキャラを描こうとしたとして、そのおまわりさんをおまわりさんらしく描こうとしたら、ある程度は警察官に対して知識を持っている必要があるわけじゃないですか。今の制服なら、警備員さんと書き分けるにはかなり細部の知識が必要になるし。今たぶんおまわりさんって制服のままコンビニとかで私的買い物してはいけないことになっているはずだと思うんですが、日本中探せばそんなおまわりさんは100人はいるだろうと思いますが、でもやっぱりコンビニで買い物するおまわりさんがいたら、それはちょっと普通のおまわりさんじゃないんだよということを画面のどこかから匂わせておかないと、普通に常識のある読者はあれ嘘くさい、と思ってしまうと思うんですよ。漫画って画面で見るから、一瞬にして「あれ、リアリティー無い」というのは感じてしまう。あと、ええ、誰とは言いませんけど、画面にタクシーが出ていて、なんか変なのね。普通の車に識別灯が点いているだけなんですよ。トヨタ・クラウン・コンフォートでなきゃとは思いませんけど、車の知識のない私でさえ見た瞬間おかしいなと思いますから。
で、こういう目に見え、言葉にできることなら、資料を気をつけていればなんとかできる点だと思うんですが、ほんとうにリアリティーが必要な部分ってキャラクターの性格付けなのですな。
多くの作家さんたちがこれが上手くない。
できる男だということを示したいんだろうが、『T大卒』とか『社長』だったり肩書きが付いているんだけど、言動がそれらしくないからぜんぜん説得力無い。アタマ悪そうだったり。金持ちなのを表現しようとして、メイドが10人ぞろりとか、それファンタジーだろっての。(金持ち描かせてうまいなーと思うのはよしながふみ。)
そもそも山田ユギのまんがには、金持ちもエリートも出てきやしねぇ。いや、よく見るといるんですが、明言されていない。そんなところに萌えるんじゃない。一冬着倒したコートがよれよれしてタバコ臭ついてそう、とか、履きふるした靴下から足のにおいしそう、とか、そんな生活感。(あれ、あまりウレしくないな)普通の生活してる普通の男の人が、ちょっと真剣に人のことを愛していたり、とか、へタレなおじさんが実は可愛かったり、とかの生身のリアリティー。Y子ちゃんが言ってたんだけど、『コナカのスーツだろうと思うんだけれど、カッコいいんだよね!そうなのよ!
まず!とか言ってこんなに書いちゃったぞ。ハァハァ。続きは後日。
# by emmylinn0514 | 2007-01-31 10:09 | 山田ユギ

調停って・・・

妹のところは、調停も三回目になりました。
たまたま母の友人たちに、司法関係者が多く、調停が始まる前からいろいろと相談に乗ってもらっていたんですが、わりと楽観的なご意見が多かったんですよね。特に妹にとって最大の争点は自分の息子の親権であるものですから、息子がまだ小さいせいもあり、それは大丈夫だろう、と。とにかく調停というのは普通のおじさんとおばさんが、普通に双方の意見をそれぞれ聞いて、常識的な意見で仲裁をするものだから、とにかく自分の意見はまとめておいて自分で言えばいいのだから、とか、弁護士頼むのだったらウチの事務所の先生どう?とか。
ところが、実際第一回目の調停の日、始まってみると調停員は最初の30分妹の話を聞いたきり、後はずうっと相手の話しか聞かず、妹は2時間待たされた挙句その日はお終い、説明もなし。妹はすっかり狼狽し、動転して帰宅したのでした。
そうして再び母の友人たちにデンワしてみると『なんで弁護士頼んでなかったの、信じられない』とみなさんおっしゃるのでした。
ま、わかりますよ。弁護士を頼むのは、お金の掛かることですから、決定的なセリフを言えなかったんだろうと。私は最初から、暴力だったり、浮気だったりとか離婚に際して決定的となる素因がないのだから、専門家の援護を得たほうがいいんじゃないのといっておりました。妹がとりあえず弁護士を依頼するのに充分とは言えないものの、ある程度はお金を持っていることも知っていますし、何より妹は口喧嘩がウチの家族の中で1番弱いんですから。こういうときに1番総合的な意見をはっきり言うのは家族なのかもしれません。
とにかく、このまま息子の親権を取られてはたまらんと、弁護士を頼むことにしたもののこの人だって言うひとがいないのですよね。以前から何度か法律相談していた弁護士さんたちでも、お、しっかりやってくれそうだなという人は離婚は割りに合わんからやらないとか、やさしい感じのおじさんは法廷で闘えんの?って感じだし。オビに短しタスキに長し。一回一回会いに行くのもお金が掛かりますし、すごい焦ったんですが、司法介助者をしている母の友人が『この人デキルわよ』と法廷で敵だった女性弁護士さんを紹介してくれて、
あったその日に『このヒトにしよう!』と心が決まったようです。
相手にムチャな要求をされても、即日裁判所に直談判に言ってくれたり。頼もしいです。それにしても、エネルギーのいる闘いですね。お金もね。
タグ:
# by emmylinn0514 | 2007-01-24 09:01 | 離婚