人気ブログランキング |

有閑主腐えみりんがツレヅレなるままに好きなことを語ります。


by emmylinn0514
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 01月 17日 ( 1 )

11月12月となかなか忙しく、ブログのカキコミが全然できませんでした。
身体はリフォームで忙しく、頭の中は祭りで忙しかった。まぁ、忙しいと言うことはホントは読んでほしいことがたくさん起きたということでもあります。おいおい書いていってみようと思っとります。
まず、お坊さんに工事を始めるにあたって好い日を選んでもらいました。姑がいつもことあるごとに色々相談している近くのお寺さんです。11月16日が好いというので、まだ色々全然きまっていなかったのですが、この日にお払いをしてもらうことになりました。
私、姑、建築士さん、棟梁さん4人集まってお坊さんを待ちましたら、かなり遅れてエネルギッシュな40代半ばのがっしりでっぷりしたお坊さんがやってきたので、こちらは用意しておくように言われて、お酒、お米、お塩を揃えてある台所にお通しするとのしのしと重そうな荷物を運び込み、支度を始めます。袈裟を掛けたりはいいとして、荷物の中から、シンバル?五鈷杵?大きなほら貝まで!!初めてこんな間近で見たよ、という孔雀王の世界のものが。そしてほら貝の音の大きいこと!目をまんまるくしながら式の次第を見守る私たち。エネルギッシュな坊主はいちいち色々説明してくれるので興味は尽きないのですが、ギャーテイギャーテイでウンケンソワカに混じってアマテラスオオミカミの名前まで出てくるんですけどどゆこと?!真言宗よ?ちゃんぽんだねぇ日本の宗教は(そこがいいところなんだけどさ)お塩とお酒とお米を節分よりも撒き散らしてお清めし、大工さんのトンカチと鋸で柱に傷をつけて、工事の始めとしました。よくしゃべる坊主だった。
大工さんたちはこういうの見慣れているのかと思ったら、棟梁も建築士さんも普通は神官さんがするので、お坊さんがする起工式は初めてですと二人も驚いたみたい。でも白い幣も使ってたし、やっていることは神寄せらしい。面白いものを見てしまいました。
タグ:
by emmylinn0514 | 2007-01-17 21:21 | まんが・アニメ